★残された家の処分問題から、終活へと取材が飛んだようです 夫婦でそれぞれの角度から終活

 夫婦でそれぞれの角度から終活をしておいて良かったです 

 先日の取材の続きは、九十九里の伯母の家での撮影と、そのあとで家に戻って終活に関するインタビューでした。

主人は大きなファイルに、様々な物をコピーして棚の目立つところに置いています。急な事になったときに皆が迷わないように纏めているのです。それを広げて話し込んでいました。

九十九里のほうは、朝、車で迎えに来てくれて、叔母の家に入りいろいろ話をしながら案内をしたそうです。少しかび臭いだけで外壁とか室内もとても綺麗だったそうです。2階は散らかっていたそうですが。

.

—————-

 自転車が、渋谷の交差点の雪の上にポツンと残されていました。手前にもありました。持ち主が戻ってきてくれるまで待っているのでしょうか。さらわれないようにと祈りました。いや、違うな、勝手に乗ってポイ捨てかも。

雪はしっかり積りました。屋根の雪が落ちてきたら、数センチの桜草の苗はひとたまりもありません。かといってなすすべはありません。

.


その日の小窓: http://kekkonn.com/@@@.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

パソコン教室は生徒さんが一人しかいなかったので、最後にHPの悩みと今後の展望を伺いました。ドリームウィーバーを今日から使い始めたからです。

この前フォトショップを単体で1年分買ってしまいました。しかし、半値の学割なら全部のソフト一括買いのほうが、フォトショップがダブっても安いのです。3年版も可能で、悩むところです。0123火

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ライトウェーブ: http://kekkonn.com/ 03-3727-5439

2018-01-23 | Posted in 今日のつぶやきNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment